【zoom勉強会】サロスサイクル、日蝕の与える影響と世界のパワーバランスを考える

nico の心理占星術 月イチ勉強会

 

どなたでもご参加できます

★━━━━━━━━━━━━━━━━
zoomライブ参加、録画視聴

お好きな方法で参加OK
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今月は、ややマニアックなテーマ
日蝕のサイクル=サロスサイクルとその影響を考えます。

 

サロスサイクルとは「蝕」のサイクルのこと。
紀元前から研究され、人間の歴史と共に歩んできたものです。かなりマニアックな知識ではありますが、占星術を学ぶなら理解しておいて損はありません。

 

サロス周期(サロスしゅうき、Saros)は、太陽と地球と月の位置関係が相対的にほぼ同じような配置になる周期で、1サロス周期は6585.3212日である(約18年と10日あるいは11日と8時間。1日の曖昧さがあるのは、その期間中に閏年が5回入るか4回入るかの違いのため)。単にサロスと呼ぶこともある。1サロスごとに、ある日食または月食から1サロス後にはほぼ同じ条件の日食または月食が起こることから、天文学発達以前は、暦学ないし経験則的にこの性質によって、人類は日食や月食が起こる日を予測してきた[1]。

wikipedia サロス周期



nicoが注目し続けてきたのは136系。
このサロスサイクル(日蝕、月蝕の周期:1226から1550年間で69~87回の蝕を継続)は、1360年6月14日の部分日蝕の開始から、これまでに影響力の強い日蝕がたくさん発生しています。

「影響力が強い」とは、20世紀、21世紀ともに、最長の皆既日食を生み出しているということ。
136サイクルで最長の皆既日食は1955年6月20日に発生(7分8秒)し、21世紀における最長の皆既日食は2009年7月22日に発生(6分39秒)しています。
この記録は、2132年6月13日 まで突破されることはありません。

このサイクルでチャートを作ると、土星、冥王星のエネルギーがチャートの主軸になっているのが面白い。歴史を追いかけても、冷戦や革命とともにサイクルが進んでいくのがわかります。

このサイクルをずっと追いかけていて気付いたこと、それは超大国は2009年7月22日に緩やかに衰退したのだなあということ。
太陽ー土星ー冥王星的エネルギーで作られた国家は、22世紀には形を変えていくのだろうという予感がよぎるサイクルなのです。
そして、136系の次の皆既日食 2027年8月2日ごろがその時期かと考えています。

日蝕により起こった変化、新しい時代の到来は、私たちを過去へと後戻りできないことを教えてくれます。
「あの頃はよかった」と懐古しても、もうその時代は手からこぼれ落ちているということ。

今回は、日蝕の与える影響と
今後、重要になってくるであろうサイクルをピックアップしてみましょう。
そこから世界のパワーバランスはどうなるか、考えてみるのもいいですね。

➡NASAのサロスサイクルのページはこちら

見逃し動画のお申込はこちら

月イチ勉強会
サロスサイクル
日蝕の与える影響と世界のパワーバランスを考える

今回は、日蝕のサイクルである「サロスサイクル」を紹介し、その影響を考えます。そこから今後、重要になってくるであろうサイクルを予想し、世界のパワーバランスがどう変化するかなどの考察を行ってみましょう。

◆日時: 7/13(火)10:00~12:00
◆金額: 3,300円
◆参加方法: ZOOM参加でも動画参加でもOK!

 

見逃し動画のお申込はこちら

ーーーーお願いとご留意事項ーーーー

【当日まで】

●「zoom」をご準備ください。
本講座は、オンライン配信システム「zoom」を使用します。講座当日までにアプリケーションのインストール、利用方法、接続確認など、各自でご準備をお願いいたします。

【当日】
・講座によっては、参加者同士のリーディング等が予定されています。欠席の場合には、必ずメッセージよりご連絡ください。
・配信開始時間に遅れて接続された場合は、講座進行の都合上、しばらく待機いただく場合がございます。予めご了承ください。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう